08:47 2020年07月08日
経済
短縮 URL
121
でフォローする

米フォード・モーターと露ソラーズによる合弁会社「フォード・ソラーズ」は27日、フォードがロシア国内での乗用車生産を6月末までに終了させ、同国の3都市にある工場を閉鎖すると発表した。

スプートニク日本

事業再編のため、ナーベレジヌイエ・チェルヌイとフセヴォロシュスクにある組み立て工場及びエラブガにあるエンジン工場を逐次閉鎖し、2019年6月末までに乗用車の生産を終了させることが必要だとしている。また、今回の措置が従業員数の著しい削減につながるとし、削減は追加補償金の支払いを伴う希望退職プログラムに基づいて実施されると明らかにしている。

このほか、事業再編を実施するために不可欠となる今後の活動に関して、フォード・ソラーズは複数のパートナーと共同で交渉を継続しているという。

関連ニュース

タグ
経済, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント