16:47 2019年07月18日
第三者委の報告書は「根拠のない中傷」とゴーン前会長の広報

第三者委の報告書は「根拠のない中傷」とゴーン前会長の広報

© REUTERS / Benoit Tessier
経済
短縮 URL
日産ゴーン事件 (46)
131

日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の米国の広報担当者は27日、第三者の「ガバナンス改善特別委員会」が統治体制の見直しに関する報告書をまとめたことについて、「ゴーン氏への根拠のない中傷だ」という内容の声明を発表した。NHKが伝えた。

スプートニク日本

「ガバナンス改善特別委員会」は27日、不正の原因についてゴーン前会長の人事・報酬を含む権限の集中と分析して統治体制の見直しに関する報告書を日産取締役会に提出した。

ゴーン前会長の広報担当者はこれを受け、「第三者委員会の報告は、日産とルノーの経営統合を阻み、低下する日産のパフォーマンスを隠すために行われたゴーン氏への根拠のない中傷だ」と声明を出した。また、「ゴーン氏は常に株主のために働いていた。彼の最も重要な目標は、日産の株主のために成果を上げることだった」と語った。

関連ニュース

日産自動車とルノー、オランダの統括会社閉鎖の可能性

ルノー、日産、三菱、新組織の設立を協議

トピック
日産ゴーン事件 (46)
タグ
日産, カルロス・ゴーン, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント