19:33 2019年05月23日
ルーブルと元

ロシアの銀行はますます中国元を信頼する

© Sputnik / Alexander Demyanchuk
経済
短縮 URL
173

ロシア連邦中央銀行は、従来のドルによる外貨準備高を徐々に減らし、中国元によるシェアをますます増やしている。 これは、中国に対するロシア中央銀行の信頼の高まりを示している。

スプートニク日本

ロシアの外貨準備高における中国通貨の割合は13.6% に増加した。もちろん、 人民元のシェアよりもユーロのシェアの方がまだ大きい。しかし、ロシア中央銀行が中国よりも多く投資しているのは唯一フランスの み。ロシアの従来のビジネスパートナーであるドイツの有価証券で さえ、準備高の割合は12.2%しかない。実際に、中国はロシアの外貨準備高の最大の投資対象になりつつある。

2018年、人民元の対ドルレートが大幅に下落した際、ロシア中 央銀行は約60億ドル(6664億円)の損失を被ったが、 その後、人民元は勢いを盛り返し、損失分を回復させた。

ロシア中央銀行のエリヴィラ・ナビウリナ 総裁は人民元における外貨準備高の割合の増加について、「 地政学的、経済的、財政的リスクの状況下で政策を多様化し、準備 金を維持しようとしている」ためと説明している。

関連記事・ニュース

タグ
経済, 金融, 中国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント