08:03 2019年06月25日
ビジネス

欧州経済の「日本化」リスク、専門家らが懸念

© Fotolia / Rawpixel.com
経済
短縮 URL
0 50

今日の欧州経済は多くの点で、20年前の日本経済と類似している。当時、日本では既に不動産と株式の市場で巨大なバブルが崩壊していた。蓄積された諸問題によって、欧州経済が1990年代の日本のシナリオと同じ展開に押しやられるという可能性は排除されていない。ブルームバーグが7日に報じた。

スプートニク日本

経済学者らはユーロ圏の経済状況について、20年前にアジアでみられたような不況のレベルにまではまだ落ち込んでいないと考えているが、一方で複数の危険な兆候が存在していると指摘。具体的には、0%あるいはそれを下回る金利や膨大な債務、不良債権、高齢化社会を挙げている

米ピーターソン国際経済研究所(PIIE)のアダム・ポーゼン所長は、欧州の停滞やデフレーション、欧州中央銀行(ECB)の無力さが長引くことによる、経済学者に共通する懸念を示している。ポーゼン所長の専門分野には、日本とドイツが含まれている。ポーゼン所長は「欧州の日本化は現実的なリスクだ」と述べている。

関連ニュース

タグ
欧州, 日本, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント