03:41 2019年10月20日
いすゞと日野、日本の商業ドライバー不足解決のため協力

日野自動車の組立工場 モスクワ州で建設開始

© Flickr/ hans-johnson
経済
短縮 URL
0 100
でフォローする

日本の貨物自動車メーカーである日野自動車の組立工場の建設がモスクワ州で始まった。

スプートニク日本

工場予定地の敷地面積は5万3千平方メートル。この敷地には、工場の他に部品の中央倉庫、オフィス、研修センターが予定されている。この工場建設で60人以上の雇用が創出される。生産能力は1シフトあたり2千台。貨物自動車の基本的な部分は日本から供給される。

​日野自動車は貨物自動車とバスの生産では日本の大手メーカー。1960年代からトヨタ自動車株式会社の1部門を担っている。2017年10月、モスクワ州当局と日野モーターズの間で投資プロジェクト実現に関する合意が調印された。ハイテク技術を駆使した工場では数種のバージョンの中・小型タイプの貨物車の組み立てが行われる。

関連ニュース

日野自動車、ロシア展開を加速!モスクワ州 にトラック組立工場を建設【写真】

いすゞのトラックはロシアのカマスのライバルになるか?

タグ
露日関係, , 経済, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント