10:20 2019年09月19日
紙幣

ブルームバーグ、中国で過去最大のデフォルトと見通し

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
筆者 :
1127
でフォローする

13兆ドル(約1431兆円)規模の中国債券市場は今年、企業による同国最大の債務不履行(デフォルト)に直面する可能性がある。ブルームバーグが伝える。

スプートニク日本

ブルームバーグのデータによると、今年4月までにデフォルトは392億元(約6310億円)に上った。これは前年同期比の3.4倍だという。

これは、デフォルトが年の前半に集中していた2016年の3倍のペースでもある。

ブルームバーグがアナリストに話をうかがったところ、資金調達方法の減少が理由だと説明。企業は短期債券を返還しなければいけない状況にあるが、全ての企業が短期で返せるわけではないためだ。期限内の返済に失敗すれば、銀行は融資に消極的になる。一方で、シャドーバンキングは契約を続けるため、企業はそちらに向かう。

しかし、政府の規制を受け、シャドーバンキングの数はこの数年で急速に減少している。

ブルームバーグは、傾向が明らかだと強調。変化がなければ、2019年は中国債券市場で過去最大規模のデフォルトになるとの見通しを示した。

関連ニュース

タグ
経済, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント