17:52 2019年11月19日

ロシア産原油の米国向け輸出量が大幅に増加

© Sputnik / Aleksei Malgavko
経済
短縮 URL
163
でフォローする

ロシアは、ベネズエラ産原油の供給減少を背景に、米国向けの原油輸出を積極的に増加している。ブルームバーグ通信が報じた。

スプートニク日本

カラカス・キャピタル・マーケッツのマネージングパートナー「Russ Dallen」の報告書によると、5月上旬、タンカー13隻がロシア産原油及び石油製品およそ500万バレルを米国に輸送、さらに追加の原油が現在輸送中。

「Russ Dallen」は、1ヶ月間で米国の石油精製業者がロシア産原油の輸入量を3倍に増やす可能性があるとの見方を示している。

先にブルームバーグ通信は、米国が過去5カ月間で輸入したロシア産原油「Urals(ウラル)」は500万バレルに上ると報じた。なお2018年の年間を通した輸入量は751万バレル、2017年は158万バレルだった。

関連ニュース

米国、ファーウェイの活動再開を一時的に許可 ファーウェイCEOがコメント

グーグルが取引を一時停止 ファーウェイがコメント

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント