09:36 2019年08月19日

テスラのマスク氏、報酬が1年で457万%増に

© AFP 2019 / Frederic J. Brown
経済
短縮 URL
114

米紙ニューヨーク・タイムズによる2018年の米企業CEOへの報酬額ランキングで、テスラのイーロン・マスクCEOへの報酬額が首位に立った。フォーブス誌が報じる。

スプートニク日本

マスク氏への年間報酬額は22億8400万ドル(約2500億円)で、昨年比457万5310%増となる。

2017年のマスク氏の年刊報酬額はおよそ5万ドルだった。

だが、報酬の大半はストックオプションですぐには現金化できない。

報酬は12に分割されており、それを受け取るにはそれぞれ条件が設定されている。例えば、1つ目は時価総額が1000億ドルになり、収益が200億ドルもしくは利益が15億ドルに達した場合に受け取られる。

最後の12個目を手に入れるには、時価総額を6500億ドルにする必要がある。現在、テスラの時価総額はおよそ340億ドルで、19分の1だ。

こうした目標が達成されなければ、マスク氏は報酬を受け取られない。テスラ社が説明するところ、こうした報酬システムによってマスク氏が長期的にテスラの経営責任を持ち、スペースXのような他のプロジェクトに移り気しないことを保証するためのものだ。

関連記事

タグ
経済, イーロン・マスク, Tesla
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント