04:01 2019年06月26日

米国司法委員会 独占禁止法違反の疑いでGAFAを調査

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 81

米国下院の司法委員会は独占禁止法違反の疑いでGAFAを調査する。司法委員会のプレスリリースが伝えた。

スプートニク日本

司法委員会による調査対象はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)など、IT業界をリードするグローバル企業が中心となっている。司法委員会のプレスリリースによれば、ごく一部の大企業が商取引、情報伝達手段、インターネット上の情報について特権的権力を握っており、自由な競争を拒んでいるとの疑いがかけられている。こうした状況を踏まえ、司法委員会の下部組織がGAFAの関係者を対象に事情聴取や、調査に関連する書類請求を行う予定だ。

司法委員会のナドラー委員長はグローバル経済が一部の業界に集中している現状を踏まえ、「IT業界における自由競争の現状と、独占禁止法の順守状況を調査する必要がある」と発言した。

関連ニュース

タグ
米国, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント