02:09 2019年06月26日

国際原油価格が下落 今後の原油需要への警戒感を反映

© AFP 2019 / Sergey Bobok
経済
短縮 URL
0 10

国際原油価格は4日、世界の経済成長の鈍化の兆候が表れ、これに対して今後の原油需要への警戒感から生まれていることから、下落している。

スプートニク日本

日本時間の14時26分の時点でブレント原油8月先物価格は0.6%安の1バレル60ドル91セントに、WTI原油7月先物価格も0.38%安の1バレル53ドル05セントの値を付けている。

世界の投資家らは国際貿易の見解の不一致が世界の経済成長に否定的な影響を及ぼし、その結果、原油需要に圧力がかかることを懸念している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント