01:49 2020年05月29日
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

10日のNY株式市場は対メキシコの関税発動が見送られたことを受けて高値で取引を終えた。

スプートニク日本

ダウ工業株30種平均は6日続伸し、前日より78ドル高い2万6062ドルで取引を終えた。2万6000ドル台回復は5月6日以来約1カ月ぶり。

メキシコが不法移民流出の防止に向けて抜本的な対応策を取ることを受けて、トランプ大統領は7日夜、10日に予定していたメキシコからの全輸入品への関税発動を見送ることを発表した。

関連ニュース                                       

タグ
メキシコ, 米国, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント