04:04 2019年06月26日
石油(アーカイブ写真)

原油価格、2日連続で上昇 供給懸念で

CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 01

14日、世界の原油価格は2日連続で上昇している。中東のオマーン湾でのタンカー攻撃に関するニュースを受けて、中東からの原油供給をめぐる懸念が広がった。

スプートニク日本

日本時間13時47分の時点で、北海ブレント原油先物8月限の価格は0.64%高の1バレル=61.69ドル。

WTI原油先物7月限の価格は0.36%高の1バレル=52.47ドル。

原油価格は2日連続で値上がりしている。なお13日は中東からの原油供給をめぐる懸念を受けて4.5%上昇した

イランとアラブのメディアは、オマーン湾で石油タンカー2隻が攻撃を受けたと報じた。タンカーは「フロント・アルテア」号と「コクカ・カレイジャス」号。

タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント