08:38 2019年09月21日

クリル諸島に魚の生息数モニタリング・センター開設

© Sputnik / Evgeny Biyatov
経済
短縮 URL
0 40
でフォローする

クリル諸島に魚の生息数を調査するモニタリング・センターが開設される。全ロシア漁業・海洋学研究所(VNIRO)の太平洋支部が明らかにした。

スプートニク日本

太平洋漁業研究センター(TINRO)の調査船は南クリル諸島(北方領土)付近に大量のイワシとサバが生息していることを確認した。試算の水揚げ量では、イワシが50万トン、サバが40万トンに達するとみられている。

研究者によれば、今年は海水温が急速に上昇したため、イワシとサバが例年より早くロシアの排他的経済水域内に移動した。そこでVNIROはこの水域における魚の生息数を調査し、漁師らに的確な情報を提供する判断を下した。

2019年にロシアの排他的経済水域内における漁獲高はイワシが9万トン、サバが19万トンと制限されている。生態系に影響を与えない場合、この制限を緩和することも検討されている。

関連ニュース

タグ
ロシア, クリル諸島, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント