12:14 2019年10月19日

日産、少なくとも24億円の課徴金を課される可能性

© REUTERS / Aly Song
経済
短縮 URL
0 51
でフォローする

日産自動車に少なくとも24億円の課徴金が課される可能性がある。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

共同通信は26日、関係者への取材で、日産の前会長カルロス・ゴーン被告が役員報酬を有価証券報告書に過少記載したとして金融商品取引法違反の罪で起訴された事件で、証券取引等監視委員会が、「日産に課徴金を納付させるよう金融庁への勧告を検討している」ことが分かったと報じた。

課徴金額は、少なくとも24億円に上る見通しだという。

共同通信によると、監視委員会は、2011年3月期から2018年3月期の8年間でゴーン被告の役員報酬を計約91億円少なく有価証券報告書に記載したとして、ゴーン被告らを東京地検特捜部に告発、特捜部は法人としての日産も起訴していた。

これを受けて日産は、過去の有価証券報告書に記載したゴーン被告の役員報酬などを訂正した。

関連ニュース

カルロス・ゴーン被告の妻、トランプ大統領に対し、日本で開催のG20で夫を擁護するよう求める

タグ
カルロス・ゴーン, 日産
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント