04:36 2019年11月20日
Логотип социальной сети Фейсбук на экране компьютера

フェイスブックに罰金5400億円 個人情報流出で

© Sputnik / Наталья Селиверстова
経済
短縮 URL
筆者 : ,
0 40
でフォローする

米連邦取引委員会(FTC)は、顧客の個人情報流出問題について、50億ドル(約5400億円)の罰金でフェイスブックと和解する案を承認した。決定すればFTC史上最高額の罰金になる。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ロイター通信などが関係筋への取材を基に報じた。

5人からなる委員会のうち3人の委員が和解案を支持。現在、米司法省の最終決定を待っている。決定を受ければ、FTC史上最高額の罰金となる。

ケンブリッジ・アナリティカによるスキャンダル

FTCは2018年3月、フェイスブックがユーザー8700万人分の個人情報をデータ分析企業ケンブリッジ・アナリティカに引き渡したことに関連し、フェイスブックに対する調査を開始。ケンブリッジ・アナリティカは2016年、米大統領選挙キャンペーンの際に当時のトランプ候補と協力していた。同社の研究者らは当時、得られたデータに基づいて、有権者の政治的嗜好に関する評価を行ったほか、有権者それぞれが関心を持つ分野に直接含まれる広告を本人向けに表示していた。

調査の結果、フェイスブックへの罰金は30〜50億ドルになる見通しだった。

先に明らかになったところ、アップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアック氏はケンブリッジ・アナリティカによるスキャンダルを受けてフェイスブックのアカウントを削除した。その上で、他の人にもプロフィール削除を推奨している。

タグ
スキャンダル, facebook
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント