21:20 2019年08月25日

原油価格 中国のGDP統計の影響受けやや値下がり

© AP Photo / Vahid Salemi
経済
短縮 URL
0 0 0

15日、世界の原油価格は、中国の第2四半期での経済成長が27年間で最低の減速となったデータを背景に、わずかに下落している。

日本時間13時49分の段階で、北海ブレント原油先物9月限の価格は0.09%安の1バレレ66.66ドルに、WTI原油先物8月限の価格は0.23%安の1バレル60.07ドルとなった。

取引では中国の統計に注目が集まった。

公式データによると、中国の第2四半期での経済成長率は、第1四半期の6.4%から6.2%に減速、アナリストらの予想と完全に一致した。今回の第2四半期の指数は、1992年3月以降、中国の国内総生産(GDP)を定期的に観察してきた全期間で最低となった。 世界的な金融危機の時でさえ、中国の四半期のGDP成長率は6.4%を下回ることはなかった。

タグ
石油, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント