10:35 2019年11月15日
Fitch 日本国債を一段階 引き下げ

フィッチ、日本の格付けを「A」に据え置き 「安定的」と見通し

© Sputnik /
経済
短縮 URL
0 22
でフォローする

国際格付け会社フィッチは日本の長期外貨建て発行体デフォルト格付けを「A」に据え置き、見通しも引き続き「安定的」と発表した。

フィッチが指摘するところ、日本の格付けは発展した豊かな経済の強みと強い公的機関、他方では弱い中期的な成長見通しと高い公債の間でバランスをとっている。

日本経済の強靭さは、準備通貨の地位と安全逃避通貨としての投資家の認識によっても支えられている。

フィッチの分析によると、日本の高水準の準備高が対外的ショックに対する同国経済の抵抗力を確保していると述べている。 同時に、国内総生産(GDP)のおよそ230%に相当する日本の政府債務は、フィッチが分析した国の中で最高であり、格付けを制限している。

フィッチは一方、成長を後押しし、債務の負担に対処する効果的な政策が行わなければ、財政の健全性が弱体化する可能性があると警告する。

人口の高齢化と労働力の減少により、この問題はさらに大きくなっている。

世界貿易における緊張が激化すれば、日本に重大なリスクをもたらす可能性がある。日本政府が最近発動した韓国に対する輸出規制も地政学的緊張が高めた。

タグ
通貨, 日本, 経済
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント