23:41 2019年08月22日

原油価格が上昇に転じる

© Sputnik / Maxim Bogodvid
経済
短縮 URL
0 01

18日、世界の原油価格はわずかに上昇している。米国の原油在庫統計を背景に下落状況から上昇に向かおうとしている。

日本時間13時47分の時点で、北海ブレント原油先物9月限の価格は0.17%高の1バレル=63.77ドル。

WTI原油先物8月限の価格は0.02%高の1バレル=56.79ドル。

17日、原油市場では前日の下落後の修正が見られ、1%超上昇した。このような動きは、米エネルギー省が発表した在庫統計によるもので、米国内では1週間でガソリン在庫が360バレル増加した。アナリストの予想は90万バレル減だった。

なお米国内の商用原油在庫は1週間で310万バレル減少し、アナリストの予想を上回った。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント