16:46 2019年09月21日
ルーブル

ロシア人のローンに関するアンケート調査の結果

© Sputnik / Igor Zarembo
経済
短縮 URL
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (56)
0 20
でフォローする

全ロシア世論調査センターは、ロシア人1600人を対象に、ローンに関するアンケート調査を実施した。その結果、回答者の大部分(84%)が、近々(半年)、または長期的展望で新しいローンを組む予定はないことがわかった。

世論調査によると、この数値は過去10年間ほぼ変わっていない。2009年は87%、2017年は86%だった。

また全ロシア世論調査センターによると、ローンを抱えているロシア人の割合は過去2年間で低下した。2017年は57%だったが、2019年は51%となった。

ローンを抱えている人が最も多い年齢は25歳から34歳(72%)で、続いて35歳から44歳(63%)。最も少ないのは18歳から24歳(37%)と60歳以上(31%)。

また回答者の10%がローンで不動産を購入することを考えており、年齢別では25歳から34歳(18%)と35歳から44歳(14%)が最も多かった。

また6%がローンで自動車を購入する計画で、18歳から24歳(11%)の若者が最も多くなっている。

関連記事

トピック
ロシア人はどう思っている? 家庭の幸福、仕事やお財布の満足度は? 世論調査 (56)
タグ
経済, 世論調査, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント