12:54 2019年08月23日
取引所

ゴールドマン・サックス、米中貿易戦争による米国の景気後退のおそれを警告

© REUTERS / BRENDAN MCDERMID
経済
短縮 URL
米中貿易戦争 (111)
0 11

ゴールドマン・サックスのアナリストらは、米中貿易戦争が米国経済の景気後退を引き起こす可能性があると考えている。ロイター通信はゴールドマン・サックスの分析ノートを引用し、ゴールドマン・サックスは米国と中国が2020年米大統領選挙までに通商協議で合意しないとの見方を示していると報じた。

分析ノートには「貿易戦争が景気後退の引き金になるというおそれが高まっている」と述べられている。

また顧客向けの分析ノートには、「我々は中国製品3000億ドル相当に関税が発動されると予想している」と指摘されている。

ゴールドマン・サックスは、貿易戦争の影響が予想よりも大きくなると考え、第4・四半期の米国内総生産の伸び率見通しを20ベーシスポイント引き下げて1.8%としたと発表した。

ゴールドマン・サックスは、全体的に貿易戦争が経済成長率に与える影響の評価を引き上げたという。

さらにゴールドマン・サックスのアナリストらは、米国と中国は、米国による新たな追加関税の発動と中国による報復措置の脅威により、2020年米大統領選前に通商協定を締結することはできないとの見方を示している。

関連記事

トピック
米中貿易戦争 (111)
タグ
経済, 日米関係, 貿易, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント