12:53 2019年08月23日

原油価格が1%以上下落 急騰後の調整と米原油在庫予想外の増加で

© Sputnik / Vitaliy Timkiv
経済
短縮 URL
0 10

14日、世界の原油価格は、前日に4%急騰した後の調整と、米原油在庫の予想外の増加を背景に下落している。

日本時間13時44分の時点で、北海ブレント原油先物10月限の価格は1.08%安の1バレル=60.64ドル。

WTI原油先物9月限の価格は1.33%安の1バレル=56.35ドル。

調整ムードの他に米国石油協会(API)が公表した統計が原油市場に圧力を与えている。APIによると、米国内の原油在庫は1週間で予想に反して370万バレル上昇した。1週間前は340万バレルの減少だった。

米エネルギー省の原油在庫統計は14日に発表される。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント