08:08 2019年08月24日
米財務省

米国債保有で日本が2年ぶりに首位 中国を抜く

© AP Photo / Jacquelyn Martin
経済
短縮 URL
0 15

米財務省が15日に発表した国際資本収支統計によると、日本は首位の中国を抜いて約2年ぶりに米国債の最大保有国となった。6月の保有額は1兆1228億ドル(約120兆円)となり、5月の時点から218億ドル増えた。日本経済新聞が報じた。

中国が6月時点で保有していた米国債の総額は前月比で23億ドル増の1兆1125億ドルだった。5月に米政府が中国への追加関税を表明して以降、市場では報復措置として米国債を売るとの見方もあったが、6月までは大きな動きはない。

日本の財務省によれば、日本の投資家は6月に海外の中長期債を3兆円強買い越した。その過半が米国債だった計算になる。7月以降も日本は外債を買い越している。米国債の利回りは低下傾向が続いているものの、日本や欧州よりは金利が高いことから、為替リスクをとってでも米国債を買う投資家は決して少なくはなく、生命保険や年金基金などの機関が米国債への投資を増やしたとみられる。

関連ニュース

米国、中国を「為替操作国」と認定 IMFと取り組む

タグ
経済, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント