23:10 2019年11月17日
石油

原油価格 木曜の下落後、若干の上昇

© AFP 2019 / Robyn Beck
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

原油価格は木曜日に下落後、ジャクソンホール(米ワイオミング州)で行われる連邦準備制度理事会議長の講演への期待感で、金曜日に若干の上昇を見せている。取引データによる。

日本時間14時21分の段階で、北海ブレント原油10月先物価格は0.1%高の59ドル98セント、WTI価格も0.01%高の55ドル35セントの値をつけた。

石油市場は木曜に値を下げた後、金曜日に若干の修正が見られる。同時に専門家は、米連邦準備制度理事会主催の年次シンポジウムが2日目を迎えるアメリカからのニュースを待ち、トレーダーらは積極的な行動を控えていると指摘している。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント