15:38 2020年10月01日
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

取引データとアナリストのコメントによれば、米国ドナルド・トランプ大統領の最近の声明に照らして、米国と中国の貿易戦争の展望に対する懸念が緩和されたことを背景に、国際原油価格は27日値上がりをしている。

日本時間13時45分の段階で北海ブレント原油先物11月限の価格は0.55%高の1バレル58ドル44セントに、WTI原油先物10月限の価格は0.62%高の1バレル53ドル97セントとなった。

取引の参加者は、中国製品に対する関税引き上げ延期の可能性について26日のトランプ大統領が行った声明に反応している。さらに、トランプ大統領によると、中国は米国の貿易代表と連絡を取り、交渉の席に戻ることを希望するという意向を表明した。こうしたコメントは市場の緊張を緩和する力となっている。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント