19:33 2019年12月06日

原油価格が下落傾向 前日の確かな値上りの後

© AP Photo /
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

29日、前日の値上がり後の修正の一環として世界の原油価格は下落している。

日本時間13時44分の段階で、北海ブレント原油先物11月限の価格は0.63%安の1バレル59ドル56セントに、WTI原油先物10月限の価格も0.41%安の1バレル55ドル55セントの値を付けた。

29日、原油市場は 米国のストックの統計を背景に28日の取引の過程で原料の価格が2~3%値上がりした後に投資家によって利益の確定が記録されている。米国エネルギー省は先週の国内の原油ストックが1千万バレル減少したことを発表した。

29日、投資家らの心理に一定の圧力があり、取引上の懸念が残っていることが示された。28日、米国政府は中国製品への関税の引き上げについて文書化した。その総額は年間3千億ドル、10%ではなく15%を9月1日と12月15日から導入する。書面は連邦登録簿で公開された。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント