22:31 2019年09月19日

新型iPhone 買い替え需要は2億台=ロイター

© AP Photo / Oded Balilty
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

米アップルの新型iPhone発表の可能性を翌日に控えた9日、複数のアナリストは、旧機種からの買い替えによる販売台数が最大2億台に達する可能性があるとの試算を示した。また、中国市場での需要も高いとみられている。ロイター通信が報じた。

アップルは10日にカリフォルニア州クパチーノの本社でメディア向けイベントを開催する。報道によれば、5.8インチ画面のiPhone「11プロ」、6.5インチの「11プロMax」、低価格帯で6.1インチの「11R」の3機種が発表される見込み。

アナリストらの試算では、買い替えに伴う販売台数が今後1年で約1億8000万台。そのうち、中国での販売は約6000万─ 7000万台を占める見通し。現在世界で使用されているiPhoneの台数はおよそ9億台。試算では、買い替えの時期に差しかかっているとみられるiPhone6とそれ以前の旧モデルは2億台。

バンク・オブ・アメリカのアナリストによれば、アップルにとって2020年度は旧機種から新機種へ買い替えの年、2021年度は5G(次世代通信規格)の年になる。

関連ニュース

米国アップル社に中国撤退を示唆

タグ
経済, Apple, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント