02:45 2019年11月13日
石油

原油価格が上昇 OPECプラスの減産合意に関する楽観で

© AFP 2019 / Robyn Beck
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界の原油価格は10日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成する「OPECプラス」参加国が減産を延長、または原油価格を支えるためにさらなる減産で合意する可能性があるとの希望を背景に、上昇している。

日本時間12時47分の時点で、北海ブレント原油先物11月限の 価格は1.87%高の1バレル=62.69ドル。 先に同日の取引で8月1日以来初めて1バレル=63ドルを突破し た。

WTI原油先物10月限の価格は2.34%高の1バレル=57. 84ドル。

原油価格は、9日にサウジアラビアのエネルギー相が交代し、 国王の息子であるアブドルアジズ王子が起用されたあと、上昇を続 けている。サウジアラビアでは2016年からファリハ氏がエネル ギー相を務めていた。

9日、オマーンのルムヒ石油ガス相は、 サウジアラビアのエネルギー相交代後も、OPECプラスの政策に 変更はないとの見方を示した。アブドルアジズ王子も、 サウジ経済に抜本的な変更は起こらないと指摘した。

市場は現在、9月12日にアブダビで開かれるOPEC プラスの監視委員会の会合を待っている。複数のアナリストらは、 サウジのエネルギー相交代を念頭に、 さらなる減産を予想している。アクシトレーダー( AxiTrader)の市場戦略家、スティーヴン・インズ氏はロイター通信に「今週アブダビで行われるOPECプラ ス参加国の会合は、さらなる減産への希望をもたせる」と語った。

タグ
経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント