22:02 2019年12月06日

貿易協議再開を前に米国から中国に「プレゼント」

© REUTERS / KEVIN LAMARQUE
経済
短縮 URL
米中貿易戦争 (131)
0 0 0
でフォローする

米中の両国は貿易戦争の緊張緩和に向けて、互いに小さな一歩を踏み出した。貿易交渉担当者らはワシントンでの対面の協議再開を数週間内に控えている。ブルームバーグが報じた。

トランプ大統領は11日、中国からの輸入品2500億ドル(約27兆円)相当に対する追加関税率を25%から30%に引き上げる計画について、10月15日まで2週間延期すると発表した。​これにより、中国は10月1日に予定される建国70周年を追加関税無しに祝うことができる。

一方の中国側は米国産農産物の輸入再開を検討している。中国商務省の高峰報道官は11日の定例記者会見で、中国企業が米国の農産物の価格について問い合わせを始めたことを明らかにした。

これを受けてトランプ大統領は12日のツイートで、中国は「大量の米国産農産物」を買うだろう、とコメントした。輸入再開が実現すれば、トランプ大統領の支持者が多い州への圧力が緩和される可能性がある。

​中国国営の新華社通信によれば、来週にも米中の実務者レベルの会合が開かれ、貿易収支や市場アクセス、投資家保護などの問題について意見交換が行われる。

ただし、農産物の輸入を再開するとしてもこれからのことで、規模も未定だと関係者が述べている。

関連ニュース

トピック
米中貿易戦争 (131)
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント