20:19 2019年12月06日

原油価格が下落 世界経済と原油需要巡る懸念で

© REUTERS / Raheb Homavandi
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

世界の原油価格が13日、米中貿易摩擦が世界経済と原油需要に悪影響を与えるとの懸念を背景に下落している。

日本時間13時44分の時点で、北海ブレント原油先物11月限の価格は0.28%安の1バレル=60.21ドル。

WTI原油先物10月限の価格は0.24%安の1バレル=54.96ドル。

市場では、ロイター通信の調査でエコノミストらが、米中の貿易を巡る緊張は来年高まる、あるいは良くても変わらないと予想したのを受け、悲観的な見方が強まった。

また専門家らによると、今後2年間で米国が景気後退に陥る可能性は45%。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント