03:19 2019年10月20日
石油(アーカイブ写真)

米国、石油備蓄を放出する用意

CC0 / PIxabay
経済
短縮 URL
147
でフォローする

アメリカは、市場の状況が悪化すれば、石油備蓄を放出する。サウジアラビアの石油生産施設はドローン攻撃を受け出火しており、これを受けて米国エネルギー省のペリー長官が明らかにした。

ペリー長官によると、戦略的備蓄は6億4500万バレルという。

去る土曜日、親イラン武装組織フーシ派は10台のドローンを用いてサウジアラビア東部の石油生産施設を攻撃した。

攻撃の対象となったのは、サウジアラビア東部アブカイク近郊にある世界最大級の石油生産施設、またクライス地区の施設。目撃者によると、両施設では大きな火災が起きているという。

サウジアラビアは一日の石油生産を通常の半分の500万バレルまで減らしている。アブデリ・アジズ・ベン・サリマン同国エネルギー相は、損失の一部は備蓄から賄うと語った。

タグ
石油, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント