02:42 2019年10月21日

原油価格 15%の高騰の後に値下がり

© Sputnik / Maxim Bogodvid
経済
短縮 URL
0 11
でフォローする

17日、原油価格は中東でのリスクから約15%の価格高騰後に値下がりしている。

日本時間14時10分の段階で、北海ブレント原油先物11月限の価格は0.87%安の1バレル68ドル42セント、WTI原油先物11月限の価格は1.24%安の1バレル61ドル89セントとなった。16日の取引開始後、北海ブレントの価格が19%急騰し、WTIも16%急騰した。その後、価格の伸びは8~9%まで減速。同日の夜に向け、値上がりが再び早まり、15%に達した。サウジアラビアの事件から原油価格は平均13%の上昇となった。

原油の最大輸出国で、3大石油生産国の1つであるサウジアラビアは、14日に石油施設へ攻撃を受けた後、石油生産量を通常の約980万から1日あたり570万バレル削減したことを公表した。

関連ニュース

菅原経産大臣 サウジ石油施設への無人機攻撃受け 必要なら備蓄放出で「供給量確保」

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント