03:59 2019年12月10日
石油

原油価格 前日の急激な下落の後に高騰に転じる

© Fotolia / Tarasov_vl
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界の原油価格は3日、前日の急激な下落の後にその修正の範囲で高騰している。

日本時間13時45分の段階で、北海ブレント原油先物12月限の価格は0.07%高の1バレル=57ドル73セント、WTI原油先物11月限の価格は0.36%高の1バレル=52ドル83セントとなった。

3日の原油価格の高騰は修正の範囲。前日の取引では原油価格の下落は2%を超えていた。これは国内の原料ストックが先週310万バレル増加したという米国エネルギー省のデータを背景にしたもの。アナリストらはストックの増加は157万バレルとエネルギー省の発表よりも少なく予想していた。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント