05:38 2019年11月15日
「ロスアトム」社の最高責任者アレクセイ・リハチョフ氏

ロシア サウジアラビアに原子力発電所の建設を米国と共同で準備

© Sputnik / Alexey Filippov
経済
短縮 URL
0 13
でフォローする

ロシアはサウジアラビアに、米国や欧州、アジアの企業とともに原子力発電所の建設を開始する用意がある。ロシアの国営原子力企業「ロスアトム」社の最高責任者アレクセイ・リハチョフ氏が明らかにした。

リハチョフ氏は、「ロスアトム」社はサウジアラビアで納得のいく仕事を行うと語った。同社は、米国企業を含め、諸外国の企業と広く協力を行う用意がある。

リハチョフ氏によれば、現在、原子力発電所の建設で入札が行われており、最終的な決定は2020年から2021年になるという。

関連ニュース

ロシアとサウジアラビア エネルギー分野での協力に合意

タグ
サウジアラビア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント