23:56 2019年11月21日
中国、米国

中国、500億ドル相当の米農産物輸入は困難 米に関税撤廃を要求

© AP Photo / Andy Wong
経済
短縮 URL
米中貿易戦争 (131)
0 41
でフォローする

中国は、米国に対する報復関税を維持した状態で年間500億ドル(約5兆4200億円)相当の米国産農産物の購入は難しいとみている。対米報復関税を撤廃する条件はトランプ米大統領が同様に関税を撤廃することだという。関係者の証言をもとにブルームバーグが報じた。

© AFP 2019 / Spencer Platt/Getty Images
報道によれば、中国は「第1段階」の貿易合意の一環として米国産農産物の購入を開始する用意があるものの、現段階の購入額はトランプ大統領が主張する400億-500億ドルに達する可能性は低いと関係者はみている。

米国は、追加関税を発動しないことを条件に中国が大量の農産物購入を約束したとしていたが、中国側の姿勢から、合意には大きな隔たりがあることが分かった。中国はこれまで、同国企業が米国の農産物を購入できるよう関税を免除してきた。しかし年間500億ドル規模の場合、一方的な関税免除は非現実的とみている模様。

中国企業は今年だけで大豆2000万トン、豚肉70万トンをはじめとする米国産農産物を購入しており、購入を加速させると中国外務省の耿爽報道官が15日述べた。中国は輸入額を増やすべく、大豆、穀物、綿、エタノール、肥料、ジュース、コーヒー、肉類などの幅広い品目を購入することを検討。さらに機械、木材、農薬も輸入品目に追加する可能性があり、これらの購入額は400億ドルに達する見込み。


中国と米国は貿易を巡る対立を取り除くために数か月前から緊張した協議を行った。前回の12回目のラウンドは上海で7月30~31日に行われた。

関連ニュース

トピック
米中貿易戦争 (131)
タグ
米国, 中国, 貿易
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント