19:29 2019年12月06日
マイクロソフト

米国防省100億ドル契約、マイクロソフトが受注 候補にはアマゾンも

© 写真 : Elekes Andor
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

マイクロソフト社はクラウド型データ保存システムの構築に関する国防省の100億ドルの契約を受注した。有力候補業者にはネット大手のアマゾンもいたという。アメリカ国防省がプレスリリースで明らかにした。

アメリカ国防省のプレスリリースは、「本日、国防省は“クラウド戦略”の実現に向けて更なる一歩を踏み出した。マイクロソフト社とクラウド型情報サービス提供の商業契約を締結した」と伝えている。

国防省の国家予算プロジェクトを狙い、大手民間企業が争う形となった。アマゾン、マイクロソフト、IBM、オラクルなどが総額100億ドルの契約の候補として名を連ねていた。

そのうちアマゾンは、落札できなかったことに驚いているという。ロイター通信が同社の声明を引用して伝えた。同社は声明で、「受諾内容だけを詳細に評価していたら、入札結果は異なるものになっただろう」とコメントしている。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント