00:14 2019年11月22日
ビール(アーカイブ写真)

韓国向け日本産ビールの輸出額が99.9%減

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
経済
短縮 URL
0 21
でフォローする

9月の韓国向け日本産ビールの輸出額が、前年同月に比べ99.9%減少した。共同通信が30日、報じた。

日本の財務省によると、韓国への輸出がほぼ完全に停止したフッ化水素を含む他の複数の品目でも同様の状況がみられた。

これは貿易問題の意見の相違を背景に日韓関係が悪化したことに関係している。

日韓関係の緊張拡大

今年2019年に入り、韓国が日本に対し様々な請求を行なっていることから、日韓間の摩擦は悪化している。それは第二次世界大戦時に関係したことであり、従軍慰安婦に対し「真摯に」謝罪し、元徴用工に賠償金を払えという韓国の要求によって状況は悪化してきた。

韓国の最高裁は、新日鉄住金に対し、元徴用工に対する賠償金を払うよう求めた。しかし新日鉄住金側がこれを拒否したため、裁判所は同社の韓国における資産差し押さえを認めた。日本側は、半導体材料の韓国に対する輸出規制を強化。これらの材料は現代の電子製品の製造にとって大きな意味をもつ。 

日本は8月、半導体材料、ハイテク素材の輸出管理の優遇国から韓国を除外した。9月には韓国も輸出管理の優遇対象国から日本を除外した。これを背景に韓国では同国で人気があったビールを含む日本製品の不買運動が広がっている。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント