04:23 2019年12月06日
原油市場は安定 米中貿易関係に関する報道待ち

原油市場は安定 米中貿易関係に関する報道待ち

© REUTERS / Isaac Urrutia
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界の原油価格は18日、安定している。投資家は米国と中国の貿易関係に関する報道を待っている。

日本時間13時58分の時点で、北海ブレント原油先物1月限の価格は1バレル=63.30ドルと、前回終値付近の水準にとどまっている。

WTI原油先物1月の価格にも変わりはなく、1バレル=57.83ドルの水準にとどまっている。

FX業者アクシトレーダーの市場戦略家、スティーヴン・インズ氏は「(原油価格にネガティブに影響するはずの)米原油在庫の増加にもかかわらず、トレーダーらは主に、今も米中貿易関係をめぐる状況に注目しており、そこでは楽観論が高まり続けている」との見方を示した。ロイター通信が報じた。

中国商務省は17日、貿易・経済協議に関する米中の閣僚が電話協議を行い、第1段階の合意について議論したと発表した。商務省は、「双方の核心的な懸念について建設的な議論」を行ったと指摘した。

関連ニュース

原油価格が上昇 OPECの供給の伸びの見通しや貿易をめぐる楽観主義で

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント