05:36 2019年12月06日
原油価格は上昇 OPECプラス会合に期待

原油価格は上昇 OPECプラス会合に期待

© REUTERS / Essam Al-Sudani
経済
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界の原油価格は3日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成するOPECプラスの会合を前に緩やかに上昇している。会合では今後の協調減産について協議される。

日本時間14時44分の時点で、北海ブレント原油先物2月限の価格は0.18%高の1バレル=61.03ドル。WTI原油先物1月限の価格は0.3%高の1バレル=56.13ドル。

OPECプラスは5、6両日、ウィーンで会合を開く。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、原油価格の下落が懸念される中、世界最大の原油輸出国であるサウジアラビアは、少なくとも2020年6月まで協調減産を延長したい考え。OPECプラスの合同閣僚監視委員会は5、6両日に会合を開く。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント