02:58 2019年12月10日
石油(アーカイブ写真)

原油価格は上昇 米在庫減で

© CC0 / Pixabay
経済
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界の原油価格は4日、米原油在庫の減少と、OPECプラス会合への注目が集まる中、上昇している。

日本時間13時50分の時点で北海ブレント原油先物2月限の価格は0.79%高の1バレル=61.30ドル。WTI原油先物1月限の価格は0.71%高の1バレル=56.50ドル。

トレーダーは、米国石油協会(API)が4日にかけての深夜発表した週間原油在庫統計に楽観的な反応を見せた。APIによると、米国内の原油在庫は1週間で370万バレル減少した。1週間前は360万バレル増だった。米エネルギー省の統計は4日夜に発表される。アナリスト予想は170万バレル減。

また投資家は、ウィーンで5、6両日に開かれる石油輸出国機構(OPEC)と非加盟主要産油国で構成するOPECプラス会合に注目している。

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント