02:12 2020年02月24日
経済
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシア経済発展省は、2019年のロシア対外貿易の状況を分析し、米国はロシアの原油輸出量増加を間接的に助けたとの結論に達した。RBK紙が報じた。

米国はロシアに制裁を科したが、イランやベネズエラなどの他の国に対する米国の制限措置が、ロシア産原油の物理的輸出の増加に寄与した。

米国が対イラン制裁を再開した後、トルコの一連の製油所はロシア産原油に方向転換」したため、トルコ向け輸出は昨年11ヶ月間で4.5倍増加した。

ベネズエラに対して制限措置が導入された後、米国向けロシア産原油の輸出量は3倍以上増加した。

関連ニュース

 

タグ
米国, ロシア, 制裁, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント