14:46 2020年02月27日
経済
短縮 URL
中国の新型コロナウイルス (303)
0 10
でフォローする

世界最大手の格付け機関「S&Pグローバル・レーティング」は、新型コロナウイルスによる死者がすでに600人を超えていることを背景に、2020年の中国の国内総生産(GDP)予想を5.7%から5%に引き下げたと発表した。

「S&Pグローバル・レーティング」の予想では新型コロナウイルスの感染拡大は3月までには下火になる。感染者数のピークが2月に達すれば、中国の成長率は5.5%に低下する可能性があるが、ピークが4月になれば4.4%にとどまるというのがその推測だ。

S&Pは、中国は世界経済の成長の3分の1を占めていることから、同国のGDP成長率が1%低下すると、世界経済全体の成長に重大な影響をもたらす可能性があると指摘している。

それでも中国経済の減速は長続きしない。S&Pのアジア太平洋地域担当のシニアエコノミスト、ショーン・ローチ氏は「新型コロナウイルスによる経済的影響の多くは第1四半期にあらわれ、第3四半期までに中国経済はしっかり回復する」と予測している。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
中国の新型コロナウイルス (303)
タグ
中国, 経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント