14:47 2020年04月02日
経済
短縮 URL
0 52
でフォローする

ドイツ紙ディ・ヴェルトは、ロシアは米国の制裁政策を利用して米国への原油輸出量を増加させたと報じた。

米国は対ロシア制裁を発動したが、イランやベネズエラなど他の国に対する米国の制限措置が、ロシア産原油の物理的輸出の増加に貢献した。

ディ・ヴェルト紙は、米国エネルギー省エネルギー情報局のデータを引用し、2019年10月の米国における石油製品の供給量に関して、ロシアはメキシコを抜き、カナダに次いで2番目になったと報じた。 また11月の石油製品の供給量は、前年の水準の2.5倍となり、1920万バレルとなったという。

ロシア経済開発省は先月22日、イランやベネズエラに対する米国の制裁により、ロシア産原油の輸出量が増加したと発表した。

経済開発省によると、2019年1月から11月でロシア産原油の輸出量は3.8%増加した。トルコと米国側からの購入が大きく貢献したという。

また経済開発省は、米国による対ベネズエラ制裁の発動を背景に、ロシアから米国への輸出が増加したと指摘した。

トルコへの輸出は、トルコがイラン産原油の購入を止めたため増加した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント