18:53 2020年10月20日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

原油市場の指標となる北海ブレントの価格の下落が、OPECの影響が予想される3月6日の取引を背景に強まった。また、北海ブレントの価格は2017年7月以来最小限まで下落した。

ロンドン国際石油取引所の北海ブレント原油先物5月限の価格は、1.99ドル(3.98%)安の1バレル48ドルとなった。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所の電子取引でのWTI原油先物4月限の価格は、1.47ドル(3.2%)安の1バレル44.43ドルとなった。

5日、OPECは追加減産の提案を変更し、第2四半期のみならず、2020年中の原油採掘の削減を強化することを提起した。

関連記事

コロナウイルスによる経済への悪影響は既に出ている=プーチン大統領

タグ
OPEC, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント