04:12 2020年07月03日
経済
短縮 URL
筆者 :
0 50
でフォローする

宇宙輸送サービス「スペースX」およびテスラ社の共同創設者兼CEOで、先日新型コロナウイルスのパニックをばかげているとコメントしたイーロン・マスク氏の資産は1週間で18%価値を失った。フォーブスが伝えている。

この間、テスラ社の株価が22%目減りしたことでマスク氏は55億ドル(約6000億円)を失った。現在のマスク氏の資産は311億ドル(約3兆3555億円)になった。フォーブスの世界富豪ランキングで現在26位に位置している。

報道によると、イーロン・マスク氏はツイッターで3月6日、コロナウイルスによるパニックは馬鹿げている、と呟いた。感染拡大がテスラ社にも影響しているにもかかわらす、このような投稿となった。1月末、自動車バッテリーや乗用車モデル3およびモデルY を生産するテスラ社中国工場「ギガファクトリー」の操業が一時停止となった。

​マスク氏は3月15日、スペースX社員宛にレターを発信し、社内に新型コロナウイルス感染の懸念があることを伝えた。米国オンラインメディア「BuzzFeed」が社内配信レターをもとに報じたところによると、マスク氏の書いた内容には、社員の死ぬ確率は感染よりも交通事故のほうが高いだろう、とあった。マスク氏によると、米国の感染死亡者36人に対して、交通事故死亡者は約2万6千人だという。しかしそれでもマスク氏は社員に対し、体調が悪くなった場合は自宅にいるよう呼びかけた。

タグ
イーロン・マスク
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント