19:08 2020年04月06日
経済
短縮 URL
0 30
でフォローする

格付け会社S&Pグローバル・レーティングスは17日、世界経済では2009年以来となる景気後退(リセッション)が起こるとの予想を発表した。

S&Pグローバル・レーティングスは、世界のGDPの年間成長率は1~1.5%以下にとどまるとの考えを示し、予想はさらに低下するおそれがあると指摘している。また2020年第2四半期がもっとも苦しくなるとの見方を示している。

トランプ米大統領は16日、米経済が景気後退入りする可能性を示唆した。この発言を背景に、市場は1日で11~13%下落し、1日としては1987年以来の大幅な下げを記録した。

関連記事

英国の日産工場 新型コロナウイルスによる需要低下から生産を停止

タグ
経済
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント