03:56 2020年09月26日
経済
短縮 URL
1 0 0
でフォローする

米国経済は新型コロナウイルス感染のパンデミックから景気後退に直面するおそれがある。26日、米国中央銀行の機能を担う連邦準備制度のジェローム・パウエル理事会議長がテレビ会社NBCのインタビューで明らかにした。

パウエル議長は、「私たちは景気後退に直面するおそれがある」と述べた。同議長によれば、今日の経済成長のテンポの遅さは「これまでとは違う」と言える。

同時に同議長は、「経済活動は2020年の後半に再興する」ことを期待している。「ウイルスの状況が管理されるのが早ければ早いほど、経済はより早く再興する」とパウエル議長は指摘した。同議長は、連邦準備制度は米国民の支援へのタスクに完全に集中していると強調した。

連邦および地方当局の情報をベースに計算されたジョンズ・ホプキンス大学の情報では、米国での新型コロナウイルスの感染者数は6万9千人超となり、千人以上が亡くなっている。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
経済, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント