00:23 2020年05月26日
経済
短縮 URL
筆者 :
0 02
でフォローする

新型コロナウイルスの感染拡大を封じ込めるための「社会的距離」対策が、世界のGDP(国内総生産)の92%に影響を与えていることから、今週の世界の石油需要量は25%減(日量2600万バレル)減少する。米ブルームバーグ通信が米金融大手ゴールドマン・サックスのアナリストの概評を引用し、報じた。

同通信社によると、ゴールドマン・サックスのアナリスト、ジェフ・カリー氏とダミアン・クルバラン氏は、石油需要は誰もが予想したよりも早いペースで減少しており、ロシア、米国、カナダの原油生産が打撃を受けていると指摘した。

両アナリストの報告によると、世界の石油会社は少なくとも日量90万バレルの原油生産を停止した。しかし実際の数は、おそらく1時間ごとに増えるとみられる。

両アナリストは「生産停止の最終的な規模はまだ不明だが、石油・天然ガス業界とその地政学を永久的に変えてしまう可能性がある」と指摘した。


関連ニュース

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント