21:31 2020年06月05日
経済
短縮 URL
筆者 :
0 02
でフォローする

新型コロナウイルスの拡大により世界経済の損失は2年間で総額5兆ドル超となる。これは日本の国内総生産(GDP)を上回る。8日、専門家による推定をブルームバーグが引用し報じた。

報道では、「世界は、ウイルスの発生から当局が民間企業に業務を停止し、市民に自宅待機を指示したという点で、1930年代からの平時でもっとも深刻な景気後退に突入している」と強調した。また、ブルームバーグは、「予想によれば、景気後退は長期化しないが、各国の経済は損失を取り戻すのに時間を要することになる」と強調する。

また、報道では、金融関連企業「シティグループ」の主任エコノミストのキャサリン・マン氏の見解が紹介された。同氏は、世界経済の損失は5兆ドル(約550兆円)を上回るとみなしている。

米国の金融企業「JPモルガン・チェース」の専門家らは、その金額は5.5兆ドルと見積もっている。彼らは、さまざまな国で景気後退が生じ、それは2008年から2009年にかけたもの、そして1974年から1975年に発生したものに相当すると指摘する。

米国の金融機関「モルガン・スタンレー」の専門家らは、各国GDPは2021年の第3四半期までにやっと危機前の水準まで回復すると予想している。

新型コロナウイルスによって引き起こされた感染症の拡大は、2019年に中国中部で確認され、多くの国々に広がった。3月11日には世界保健機関(WHO)がパンデミックと発表した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント