11:37 2020年10月30日
経済
短縮 URL
0 31
でフォローする

2020年4月の世界の石油需要は昨年同月に比べ1日当たり2900万バレル減少し、1995年以来の水準に戻ろうとしている。4月15日に発表された国際エネルギー機関(IEA)のマンスリーレポートで明らかになった。

IEAレポートの発表後、ブレント原油先物6月限の価格は下落を強め、4%安の1バレル28.4ドルまで値を下げた。

コロナウイルス感染拡大による前例のない需要減、また主要産油国によるここ数カ月の増産を受けて、世界石油市場では過剰供給となり、1日当たり2000万バレルを超えていた。同レポートによると、余剰分はストックとして低価格で取引され、各地の石油貯蔵能力は限界にきているという。

関連ニュース

タグ
石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント