23:52 2020年09月18日
経済
短縮 URL
0 22
でフォローする

中国国家統計局は17日、2020年1月から3月の国内総生産(GDP)を発表した。物価変動の影響を除いた実質は前年同期比6.8%減で、マイナス成長は統計開始以来はじめて。

新型コロナウイルスの感染拡大で経済が長期停滞したため、中国では1992年の統計開始以来、GDPが初めてマイナス成長に転落した。これまでの最低は2019年10月~12月期の6.0%増だった。

中国国家統計局によれば、2020年1月から3月のGDPは20兆650億元(約3兆ドル)で、6.8%のマイナス成長。

経済アナリストらは中国のGDPが6.5%のマイナス成長になると見ていたことから、新型コロナウイルスが中国経済に与えた影響は専門家の予想を大きく上回ったといえる。

これより前、ブルームバーグは新型コロナウイルス感染拡大の影響による世界経済の損失額を試算した。専門家によると、2年間の損失は5兆ドルを超え、日本のGDPを上回るという。

関連ニュース

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
中国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント